Go!Lab はな&ふく

楽しいお酒

  



  庭のブルーベリーの木がたくさんの実をつけました



  



  M301_4



  



  例年になく たくさんの実のりに収穫への期待大です



  



  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



  



  さてさて、月日が経つのは早いもので、はなじぃじが虹の橋を渡ってから早1ヶ月半



  



  先週末、無事に四十九日の法要を終え



  



  たまには はな を連れて夕飯にと、大好きなお店‘クール’さんへ



  



      M302



           @メニューボードを真剣に見つめる はな@



  



  バーコーナーを併設したワインショップでテラス席はワンコOK



    



  犬連れでゆっくりとお酒を楽しめます



  



       M303



  



  先に済ませてきたお散歩で疲れたのか



  





  私の足元でまったりと大人しく くつろいでいる はな



    



       M309



  



   だけど注文した料理がテーブルに並び始めると・・



  



  M304



  



  ムクッと起きだし・・



  



  M305



  



  テーブル下でいい子を強調し、食べ物をもらおうとする はな



  



  はな には申し訳ないけど、この場は持参したビスケットで我慢してもらうことに



  



  M306_2 



  



  なんとか はな を騙しだまし、美味しいお酒と料理をいただいていると



  



  ショップのスタッフさんの愛犬、ビーグルの‘ちくわ’ちゃんが登場



  



  M307



           @はな、ちくわちゃんの登場に全く気付かず・・ @



  



  自分はビスケットだけしかもらえない状態にクサクサしたのか



  



  終盤は‘かまってぇ’のおねだり体勢



  



       M308



  



  この後、テーブルの下をウロウロしだした はな にビールグラスを一個割られて



  



  あえなく退散・・  (なおちゃん、ごめんなさい・・)



  



  最後はちょっとやらかしてしまいましたが、久々 はな と楽しいお酒を愉しみました



     



  



  



  

スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 21:58:00|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ・・

  



  もうすぐ はな の14回目の誕生日



  



    M251



               @去年の誕生日@



  



  はなじぃじの事でバタバタしていて、まだ何にも用意できてないのですが



  



  とりあえず恒例の‘ロビナ’さんのケーキだけは注文!



  



     M252



           @去年のプレゼントは新しい合羽@



  



  プレゼントはまだ決めていないのですが



  



  今年は何にしようかなぁ・・



  



  こんなときだからこそ、いつもにも増して



  



  楽しいhappyな誕生日にしてあげられるよう考えなくちゃ



  



  ねっ、はな



  



  



  



     

  1. 2009/05/25(月) 23:20:18|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

お野菜宅配

 



  今朝は はな の散歩の前に‘はなじぃじ’の畑へ



  



  M201_2



  



  この時期実をつけているのは、



  



  絹さや・スナップえんどう・サニーレタス・アスパラ・ソラマメ・かぶ



  



  収穫待ちが じゃがいも・玉ねぎ・青梗菜・春大根・・などなど



  



  主がいなくなっても野菜たちは元気に育っています



  



  取れたての野菜たちを持って、はな の散歩がてらお友達にお裾分け



    



  M202 



  



  黄ラブの‘ラブちゃん’&ワイヤーホックステリアの‘ヴィトン(通称:ビーちゃん)’宅へ



  



  朝から3匹揃って賑やか賑やか



  



  M203



  



  野菜のお礼にと、ジャーキーをくれる‘ラブママ’さん



  



  こんな時ばっかり3匹おとなしくいい子に並んでます



  



  M204



  



  じぃじの野菜は犬達も元気にしてくれます



  



  

  1. 2009/05/20(水) 23:19:11|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

虹の橋

  



  長い間ブログをお休みしていてごめんなさい



  



  私の父 ‘はなじぃじ’が亡くなりました



  



  ちょうど一ヶ月前のことです



  



  あまりにも突然のことでした



  



  いつもどおり元気に畑仕事に行き、夕方には甥っ子を保育園に迎えに行き



  



  夜には翌日に着る服を用意し、いつもどおりの一日を終え



  



  夜ベットに眠りについた父は、そのまま、永遠の眠りについてしまいました



  



  家族の為に働き続け、退職して一年



  



  好きだった畑仕事を本格的に始め、平日は可愛がっていた孫(甥っ子)を預かり



  



  趣味だった物づくりも好きな時間にできると喜んでいたのに・・



  



  神様はなぜこんなに早く父を連れて行ってしまったのでしょうか。



  



  M182_5



  



  病気らしい病気をしたことがなかった父



  



  亡くなる前も具合が悪いとも何とも言っていませんでした



  



  だけど今考えると はな は、父の変化を悟っていたのかも知れません



  



  亡くなる前の数日間、私は仕事が忙しく残業が続き



  



  夜の散歩を父にお願いしていました



  



  けどその数日間、はな は父と散歩に行っても すぐに家に帰ってきてしまったそうです



  



  その時父は「はな が歩きたがらないよ、歳をとったからかなぁ」と



  



  はな のことばかり心配をしていました



  



  でも、実は違って父の異変を感じていた はな が



  



  父を気遣って散歩に行かなかったのかもしれません



  



  はな は一生懸命私たちに父の異変を知らせようとしていたのかも。



  



  何かあったかもしれない父の異変に気付いてあげられなかったことが悔やまれてなりません



  



  M181



  



  悲しんでばかりもいられず、無情にも毎日はやってきます



    



  今は父が残してくれたもの、大事にしていたこと、教えてくれたことを



  



  大切に受け継いでいこうと思い、頑張っていこうという気持ちになれました



  



  このブログも父が楽しみにしていたものの一つ



  



  少しづつですが更新していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします



  



  長くなってしまいましたが、最後に・・



  



  ペットたちに書かれた詩なのですが、今まさに虹の橋を渡ろうとしている父に。



  



 ***********************************************************  



「虹の橋」



 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。





病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。



  



みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。


動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。


幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えることのなかったその瞳を。


それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にいる間、そんな人は現れなかったのです。


でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。


ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。


そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。


今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。


彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。





*******************************************************************************



 ※[虹の橋] の原文は英語で、原作者不詳のまま
 世界中の共感を持った人たちによって様々な国語に翻訳され、
 ネットを通じて伝えられているそうです。 



  



  



  

  1. 2009/05/18(月) 23:48:29|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7