Go!Lab はな&ふく

上陸物語

 



 さてさて花鱗島での2日目



 



 気持ちのよい青空に恵まれ・・



 



        D307



 



 男子チームは早朝から釣りへ



 



 女子チームは のんびりと 昼散歩へ出発



 



 テクテク歩いて歩いて、ツリーハウスの下



 



           D300



 



 ツリーハウスの前の広場で Let's ラン



 



 トーテムポールスタイルでスタンバイOK



 



           D301



 



 チーム キール&ふく



 



        D302



 



 ビュン、ビュ~ン   



 



        D303



 



 なんだか二人でダンス踊ってるみたい



 



        D304



 



 フィンちゃんもフレームイン



 



        D305



 



 フィンちゃんだってボール好きなんだよね~



 



 取られなければ



 



        D306



 



 広場で遊んだ後、さらに奥へテクテク、テクテク



 



 一気に開けて伊豆七島



 



        D309



 



 七島をバックに



 



 ふく、嬉しそ~いいお顔



 



        D308



 



 以前撮った写真の再現を・・



 



 と並べてみたけど・・あら失敗



 



        D3010



 



 さてさて、男子チームの釣果を確かめにいきますか



 



 花鱗島、上陸物語・・年越しでまだまだ続きます



 



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



 



 さて、今日は大晦日



 



 2013年、今年も‘はな&ふく’のブログを見に来て下さりありがとうございました



 



 来年も 宜しくお願い申し上げます



 



 来る年が 皆様にとってステキな年でありますように



 



  ふく家一同



スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 21:55:24|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最後の3連休

 



 1週間前のこと。。



 



 今年最後の3連休、ふく家が向った先は ここ



 



        D281



 



 そう、フィン&キールちゃんのいる 花鱗島



 



 日が暮れる前に上陸、まずは 焚火にあたりながらウェルカムスイーツ、焼き里芋



 



        D282



 



 焚火で焼いたホックホクの里芋にわんこ達の熱い視線が・・



 



           D283



 



 三者三様の女子3わんこ



 



        D284



 



 フィンちゃん、キールちゃん、2泊3日お世話になりま~す



 



        D285






  1. 2013/12/29(日) 22:24:56|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たくさんのクリプレ❤

 



 Merry Christmas!!



 



 皆様よいクリスマスをお過ごしでしょうか



 



        D2400



 



 クリスマスに ふくに嬉しいプレゼントが届きました~



 



 まずはニケちゃん&ライくんのアテナママさんから ふくの名前入りのクッキー



 



        D241



 



 お魚が入ったクッキーもあり、ふくの喰いつきが凄かった~



 



 美味しいうまうま、ありがとうございます



 



        D242



 



 そして そらちゃんから



 



 来年のカレンダーと とっても可愛いラブラドールのペッパー&ソルト入れ、



 



 ふくに美味しそうなオヤツと、甥っ子2号‘みなと’の消しゴムハンコ



 



        D243



 



 消しゴムハンコは先に頂いていた甥っ子1号とお揃いのもの



 



 毎年ステキなプレゼントをありがとうございます



 



 



        D244



 



 そして こんなものも届きました~



 



 以前、はな&ふくのクッキー(人用)を注文したonneaさんから



 



 ラブラドールサンタのクッキー



 



        D245



 



 このラブラドールサンタたち



 



 以前 母ちゃんがonneaさんに図案を送ったものをもとに作られた



 



 クリスマス商品だそうで、デザイン料として送って下さいました~  



 



 こんなに可愛いセットになって嬉しい限り



 



        D246



 



 で、これは 父ちゃん&母ちゃんから ふくへクリスマスプレゼント  



 



 



        D247



 



 おまけに・・



 



 こちらは甥っ子へのクリスマスプレゼントとして



 



 先日母ちゃん&甥っ子の2人でディズニーランド



 



           D248



 



 なんと・・母ちゃん10年ぶりのディズニーランド(笑)



 



 普段は心身ともに犬におかされていますが、この日ばかりは鼠におかされました~



 



        D249



 



 最後に・・とっても嬉しいクリスマスプレゼント



 



 父ちゃん、試験に合格しました~!! ん~めでたいっ



 



 ご声援いただきました皆様、ありがとうございますm(__)m



 



 今年はいいご報告ができました~



 



 とある資格取得のため、長年試験勉強をし続けてきた父ちゃん  



 



 春から秋にかけて ふく家が母子家庭で遊んでいるのはこの試験が理由でして・・



 



 遊び呆けている妻子を横目に 勉強を頑張ってきた父ちゃん、ホントにエライぞ~   



 



 これから 家族揃ってお出掛けできるぅ はず



 



 ・・と、たくさんのクリスマスプレゼントに囲まれ、とってもハッピーなふく家です



 



 



 



        

  1. 2013/12/25(水) 23:55:53|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

熊野のお宿

 



 さてさて、熊野古道旅行記も今回が最後



 



 今回の旅行でお世話になったのは三重県紀北町にある ホテル季の座(ときのざ)さん



 



        D231



 



 伊勢や志摩方面にはワンコOKの宿も多いのですが



 



 熊野古道近くにはワンコOKの宿は少なく 稀少な宿



 



 純和風の本館の裏手にあるコテージ棟、この中の2棟がワンコOK



 



 部屋はメゾネット式で和室とキッチンが併設されたベッドルーム



 



 2人+1ワンコには十分な広さ 



 



       D232



 



 ホテル本館の目の前は城ノ浜海岸



 



 写真は海岸からのホテルの様子



 



        D2311



 



 コテージ棟からも歩いて3~4分で海岸に出られます



 



           D2312





 そして何と言っても、季の座さんはお料理がとっても美味しい~



 



 夕食の際は食事処入口にディスプレイされた地魚の中からお刺身にする魚を選べます 



 



        D237



 



 まずは地ビール熊野古道麦酒と生牡蠣でカンパ~イ



 



 昼間に焼き牡蠣の食べ放題を食べて、また牡蠣 どんだけ好きなんだか(笑)



 



        D233 



 



 お料理は海の幸づくし



 



       D234_2 



 



 写真はお料理のなかのほんの一部、こう見るとホントに良く食べたなぁ      



 



       D235



 



 嬉しいことにお部屋で食べるお夜食として東紀州名物のめはりずしも付きます



 



        D236



 



 そして 楽しかったのが朝ごはん



 



 地元紀伊長島の干物がずら~りと並ぶ、干物バイキング



 



        D238



 



 これを席に用意された備長炭で炭火焼



 



 干物は小振りなので何種類も食べられます



 



 アッツアツの干物、美味しかった~



 



       D239



 



 温泉もとっても気持ちいい季の座さん



 



 また来たいと思うお宿でした~



 



 長々と続いた熊野旅行記もこれにて完(笑)お付き合いいただきありがとうございました~



  



 



  1. 2013/12/24(火) 23:24:51|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

熊野の海へ

 



 今年最後の三連休



 



 大掃除・・は後回しにして遊び倒しました~ その様子はまた後日



 



  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *   



 



 さてさて、熊野古道を歩いた翌日



 



 夜明けとともに宿の前の海岸へ



 



        D231



 



 夏は海水浴場としても賑わう海岸ですが、なんせ12月ですからねぇ



 



 とってもキレイな白浜を ふく独り占め~



 



 海を見るなり飛び出していった ふく



 



        D232



 



 八鬼山越えで筋肉痛の母ちゃん、腰痛の父ちゃんの横目に



 



 ビュンビュ~ン駆け回ります



 



        D233



 



 もちろん寒中水泳も



 



           D235



 



 おりゃおりゃ~



 



           D237



 



 そりゃそりゃ~



 



        D236



 



 ついでに ほりほ~り



 



           D238



 



 はしゃぐ ふく   この姿がたまらないんだよねぇ



 



        D239



 



 小一時間ほど遊び撤収



 



           D234



 



 紀伊半島に しっかりと‘ふく上陸’の痕跡を残してきました~



 



        D2310



 



 次回、泊まったお宿の記事で熊野古道旅行も最終回です






  1. 2013/12/23(月) 23:35:50|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊野古道 八鬼山越え②

 



 *頂いたコメントへの返信が遅れております。



  必ずお返事いたしますので悪しからずご了承下さいませm(__)m 



 



 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  



 



 さてさて、熊野古道 伊勢路の八鬼山越え  



 



           D191



 



 「熊野七坂 七坂越えてもまだ坂つきぬ」



 



 と唄われたように、難所と言われる七曲りを超えても まだまだ坂・・



 



           D192



 



 かつては「坂を一つ越える毎に、ひとつの業から逃れることができる」



 



 と考えられていたそうで、巡礼者は坂を越えることで心が癒されたそうです



 



           D194



 



 前方右に見えるのが蓮華石と烏帽子石



 



 とっても大きな岩で昔は峠越えの目印にしていたようです



 



           D193



 



 さらに進むと西国三十三所第一番札所の前札所「荒神堂」



 



 ここには旅の安全を守護する三宝荒神石像が祀られています



 



 お堂の中にはノートが置かれていて登山者の署名があります



 



 我が家も父ちゃん、母ちゃん、ふくの名前をしっかり記載し旅の安全を祈願



 



           D195



 



 ここで押せる手形スタンプも



 



        D196



 



 山頂まではもうちょっと



 



 残りの坂も頑張ろうね~、ふく、桜ちゃん   



 



 



           D197



 



 お地蔵さんも応援してくれます



 



        D198



 



 もうちょっと、もうちょっと



 



           D199



 



 そして ここが八鬼山越えの最高点、三木峠(八鬼山峠)  



 



 山の頂上だけど樹林に包まれ、見晴らしもききませんが正真正銘、ここが頂上   



 



        D1910



 



 ここから先は江戸道と明治道に分かれます



 



 我々は世界遺産の指定になっている江戸道へ



 



        D1911



 



 江戸道には さくらの森広場があり、ここが絶景!!



 



 この日はホントに天気が良く、志摩半島から那智山まで見渡せました~



 



        D1912



 



 眼下の尾鷲湾をバックに記念撮影



 



        D1913



 



 そしてお楽しみのお弁当タイム



 



 左が熊野薬草弁当、右が熊野石畳弁当



 



 薬草弁当には東紀州の名物、押し寿司、めはり寿司に沢山の薬草を使ったおかず



 



 石畳み弁当は沖キスの蒲焼を熊野の石畳みに見立てています



 



 どちらもとっても美味し~



 



        D1914



 



 ふくにも たっぷりオヤツをあげて、午後の鋭気を養います



 



        D1915



 



 小一時間ほど休憩したら、ここからは下り



 



           D1916



 



 この下りがすごかった~



 



 美しい天然林の坂を下りはじめると、次第に傾斜が増し・・ 



 



 急傾斜なのもさることながら、苔むした石の上に枯葉が積もり滑るんです



 



 写真を撮ってる余裕も無かった・・



 



 



           D1917



 



 十五郎茶屋跡を過ぎると世界遺産への抗議文が・・



 



 この存在は先に知っていたのですが、実際に見るとなんだか悲しかったです



 



 詳しい事情は知りませんが、こんな美しい自然にこんなことをするなんて



 



           D1918



 



 とにもかくにも、無事に名柄一里塚後まで下ってきて、ここからは平地



 



 ふくも よく頑張ったね~



 



 コマンドをよく聞いてくれてありがとね~



 



        D1920



 



 ふくの後ろ右側の木々に隠れているのが八鬼山



 



 こうして下から眺めると、なかなかすごい所を歩いたんだなぁと感動



 



           D1919



 



 しばし猪垣の横を歩き、目の前に開けたのは三木里(みきさと)海岸



 



 ワンコたちを早速放牧



 



        D1921



 



 山を登って下り、人はもうヘロヘロだっていうのに



 



 四駆のワンコたちは 至って元気



 



        D1923



 



 キレイな白浜を駆け回る ふく



 



        D1922



 



 桜ちゃんも穴掘り掘~りをして ごきげんさん



 



        D1924



 



 世界遺産の山に、キレイな海に・・自然を満喫のワンコたち



 



        D1925



 



 海で暫し遊んだ後は三木里のまちを散策して、宿へ



 



           D1926



 



 今回泊まった宿のお話しは また次回・・



 



 



 

  1. 2013/12/19(木) 01:26:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

熊野古道 八鬼山越え

 



 さてさて、2013ひといき荘忘年会ツアー



 



 2日目は ふく家が楽しみにしていた熊野古道散策



 



 「熊野三山」「高野山」「吉野・大峯」の3つの霊場を詣でるための道、熊野古道



 



 紀伊半島西側、田辺から山中を抜ける「中辺路(なかへち)」



 



 同じく田辺から海岸沿いを進む「大辺路(おおへち)」



 



 高野山と熊野三山を最短ながらも険しい山岳道で結ぶ「小辺路(こへち)」



 



 そして伊勢神宮と熊野三山を結ぶ「伊勢路」



 



 今回はその伊勢路の中でも上級者向けの八鬼山(やきやま)越えに挑戦



 



        D171



 



 朝9時、いよいよ出発



 



           D174



 



 実はこのツアーの2週間前・・



 



 父ちゃんの背中?腰?の筋肉が裂けまして



 



 断裂当初は車の運転もできず、自力で靴下を履くことすらできなかった父ちゃん



 



 どうなることやら・・と思っていましたが



 



 なんとかこの日、八鬼山越えのスタート地点に立つことができました~



 



 ふくも 父ちゃんのことを心配しております



 



           D173



 



 「石の上を歩く西国一の難所」と巡礼者たちに恐れられた八鬼山



 



 登り、下りともに険しい道という意味のほか



 



 伊勢から西国に入って初めての難所という意味もあるのだそう



 



           D172



 



 登り口から少し進むと苔むした石畳が・・古道らしい雰囲気が漂いはじめます  



 



           D176



 



 かつては山賊や狼が出没して巡礼者を苦しめた八鬼山



 



 標に刻まれているのは距離で分母は63、1=100メートル



 



 6.3キロ、標高627メートル



 



        D1717           



 



 途中には行き倒れ巡礼供養碑が



 



 険しい八鬼山で多くの巡礼者が倒れたそうです



 



           D1716



 



 路傍にはお地蔵さんも



 



       D177



 



 さらに進むと現れる急勾配



 



           D175



 



 苔むした石畳に時の重みを感じます



 



           D178



 



 ふくは時々後ろを振り返り「父ちゃん、母ちゃん大丈夫ですかぁ?」と



 



           D179



 



 ホントの登りはここからだったかな



 



           D1712



 



 八鬼山越えで最も勾配がキツイ難所「七曲り」



 



           D1710



 



 振り返るとこんな感じ



 



 勾配が分かるでしょうか



 



           D1711



 



 四駆のふくにリードしてもらい、ひたすら登ります



 



           D1713



 



 「ふくは余裕ですよぉ~」



 



           D1715



 



 ご一緒した桜ちゃんも余裕の表情



 



 息が上がっている我々を心配してくれてます  



 



           D1714



 



 「熊野七坂 七坂越えてもまだ坂つきぬ」・・まさにその通り



 



 八鬼山越え、まだまだ続きます



  1. 2013/12/17(火) 01:03:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

尾鷲まちあるき

 



 すっかりアップが遅くなりましたm(__)m



 



 さてさて ふくと参加したのは「2013ひといき荘 忘年会ツアー」



 



 夏のカヤック&冬のスノトレでお世話になっている ふじけんさんの年忘れ旅行



 



 まず向ったのは三重県紀北町、汽水湖の白石湖 



 



 この白石湖に張り出した小屋で頂くのは・・



 



        D121_2



 



 渡利牡蠣~



 



        D1500_2



 



 なんとこの渡利牡蠣の焼き牡蠣が2100円で食べ放題  



 



 牡蠣小屋の横には牡蠣の殻が山積み~現代版 貝塚が  



 



        D15000_2



 



 飲み物と調味料は持ち込み自由



 



 我が家は自家製柚子、醤油、ポン酢、マヨ、七味、バターを持ち込み~



 



 食べ放題の焼き牡蠣のほか、牡蠣の佃煮、牡蠣フライ、牡蠣ご飯、牡蠣の吸い物と・・



 



 牡蠣好きにはたまらない牡蠣づくし~



 



       D150



 



 次々に焼きあがる牡蠣を、次々に口に放り込み たらふくいただきました~



 



 牡蠣でお腹を満たしたあとは、尾鷲へ



 



 魚と尾鷲ひのきのまち、尾鷲



 



 「山にもたれて海を見て暮らす ほんに尾鷲は良いところ」と



 



 尾鷲の酒席の騒ぎ唄である尾鷲節にはこんな一節もあるそうで・・



 



 山と海の狭間にある のんびりとしたまちです 



 



        D151



 



 まち歩き途中、金剛寺前でツアーに参加したワンコたちで記念撮影



 



 「はい、こっち向いて~」の図



 



 左から桜ちゃん、ふく、レイチェルちゃん、ブリジットちゃん



 



 このレイチェル&ブリジットちゃん、なんと ふくと同じ地元からの参加



 



 これまで何度か地元のドッグランでお会いしたことがありましたが



 



 ゆっくりとお話しさせていただいたのは この日が初めて



 



 地元ネタなども飛び交い、とっても楽しい時間を過ごせました



 



 



 



        D153



 



 金剛寺横の尾鷲神社



 



 ワンコたちにはちょっと待っててもらい参拝



 



           D154



 



 この尾鷲神社の境内には寄り添うように立っている天然記念物の大楠が・・



 



 この大楠「夫婦楠」と言われ、樹齢は千年にもなるとか



 



 夫婦和合、延命長寿の神として奉納されてるそうで



 



 あやかりたいと夫婦円満と ふくの長寿を祈願  



 



           D155



 



 尾鷲神社を後にし、まち歩きを続けます



 



           D15



 



 レトロの建物が点在し港町の情緒たっぷりの尾鷲の街並み



 



 漁師町らしく細い路地にぎっしりと民家が建ち並んでいます  



 



 



      D156



 



 まちのところどころに「尾鷲まちの駅」なる まちの案内所、休憩所があり



 



 ほっと一息つけます



 



 途中、三重観光PRの飴もいただきました~ ワンコたち興味深々  



 



        D158



 



 この立派な蔵は、江戸時代から林業で繁栄してきた土井本家のもの



 



 今は私設博物館「土井子供くらし館」として



 



 明治~昭和初期までの子供のおもちゃを見ることができます



 



        D157



 



 こちらの立派な洋館も土井本家のもの



 



 現当主で15代目という土井家



 



 ご当主のご厚意で洋館の中も特別に見せていただいたがクラッシックで優雅そのもの



 



 蔵のおもちゃ同様、とっても保存状態がよく驚かされました



 



 せっかくなのでワンコたちも土井本家でパチリ



 



           D159



 



           D1510



 



 夕暮れまで尾鷲のまちを楽しんで、今宵の宿へ・・



 



 尾鷲のまちの詳細はレイチェル&ブリジットちゃんのブログに詳しくアップされてるので



 



 そちらをご覧ください(丸投げ~ )



 



 忘年会ツアー、まだまだ続きます         

  1. 2013/12/16(月) 22:45:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

忘年会ツアー

 



 さてさて、ふくが今回向かった先は・・



 



 山道あり・・



 



           D120



 



           D120000



 



 絶景あり・・



 



           D1200000



 



 海あり・・



 



        D1200



 



            D12000



 



 たくさん遊んだ旅



 



 詳しくはまた次回から

  1. 2013/12/12(木) 01:42:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬満喫

 



 ストーブの前で沈没する父子



 



        N293



 



 この時期 ふく地方で出回るのが手作りの切干イモ



 



 ご近所さんが作っている切干イモを楽しんで・・



 



 ストーブにイモに・・冬を満喫のふく



 



        D53



 



 さてさて明日から ちょっとお出掛け~の ふく



 



 1年半前から楽しみにしていたツアーに参加してきます



 



 旅先でも冬を満喫できるかな



 



 その様子はまた後日・・では、行ってきま~す





    



  1. 2013/12/06(金) 21:57:47|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ