Go!Lab はな&ふく

ふく岩国へ



 さてさて、ふくとの九州旅行4日目



 この日からボチボチと帰路につく準備



 まずは3泊、温泉&美味しい郷土料理三昧で楽しんだ御宿 小笠原に



 絶対にまた再訪することを誓いお別れ 



        j5-1.jpg




 来るときはハイテンションで ふく地方から熊本まで1200キロを一気に駆け抜けてきたけど



 帰りはテンションダウンで一気には戻れないだろうと(笑)、中継地の岡山までの移動



 途中、山口岩国で途中下車して寄り道



 父ちゃんが愛してやまない これ



        j5-2.jpg




 錦帯橋♪



 母ちゃんは初めて、父ちゃんは2か月ぶり、ばぁばにおいては なんと半世紀ぶりの錦帯橋(笑)



        j5-3.jpg




 1673年に造られた錦帯橋、現在のものは平成13~16年に26億円をかけて架け替えられたもの



        j5-4.jpg




 5つの橋が連なる構造、木で組まれた そのアーチの美しさは本当に美しい^^



        j5-5.jpg




 日本の大工技術の素晴らしさを堪能し、宿泊する岡山倉敷に到着したのは日が暮れてから・・



 この日のお宿は こんなとこ



        j5-6.jpg




 備前藩御屋敷跡に建つ旅館



           j5-13.jpg




 全室離れとなっており、ふくが泊まるのは この部屋



        j5-7.jpg




 ‘ホントに大型犬も大丈夫なんでしょうか!?’と聞き直したほど、純和風の部屋



 ちなみに、床の間に飾ってあった生花は写真撮影後、安全のため壁際に(笑)



        j5-8.jpg




 庭園旅館というだけあって、山の斜面に点在する離れと離れの間には小さいながらも手入れの行き届いた庭が・・



 庭園の一番上から見える夜景



       j5-9.jpg




 そして この宿で一番期待していた ご飯❤ 懐石フルコース



 この日は先付に茶ぶりなまこ、向付のお刺身は鰆、鍋物は牡蠣の豆乳しゃぶしゃぶ、



 煮物は鮭のおろし煮、蒸し物は鯛の蓮蒸し、油物に鰤のステーキと、魚介尽くし❤



        j5-10.jpg



 料理と一緒にいただくのは もちろん地元のお酒



 この地元、菊池酒造さんの「燦然 純米大吟醸」はANAのファーストクラスの機内でも飲まれているとか



 菊池酒造の社長はヴァイオリニスト・指揮者としての顏ももち、



 酒造り期間中、蔵内にはモーツアルトが流れているそうです^^・・以上、小ネタ(笑)



       j5-11.jpg




 前身は料亭だった この旅館、料理の美味しさはもちろん、器や盛り付けの美しさにも脱帽



 ちなみに料理は部屋出ししてくれるので、ふくも一緒の懐石を楽しめます^^




        j5-12.jpg




 まぁ、何も貰えない本犬は非常に不服そうな顏をして こちらを見ておりますが・・^^;



 この旅館の名前は また次回



 ひっぱりにひっぱっている ふくの旅行、もうちょっと続きます・・






スポンサーサイト
  1. 2015/01/06(火) 00:25:09|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふく、レトロな街並みをゆく | ホーム | ふく、神話のさとへ♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuk29.blog103.fc2.com/tb.php/1064-c3616771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)