Go!Lab はな&ふく

ふく、レトロな街並みをゆく




 さてさて、ふくとの九州旅行・・いよいよ最終日



 帰る前に・・と、岡山倉敷で1泊したのは、庭園旅館 備後屋さん




 大正3年創業の老舗旅館


        d7-1.jpg




 備後屋さんがあるのは倉敷 玉島地区



 ここ玉島地区は かつて港町として、廻船問屋や仲買人の店が並び とても栄えた街だそうで



 その面影をが残るレトロな街並みが・・




 ふくの朝散歩にと、情ある街並みを散策



        d7-2.jpg




 ここは昨晩呑んだ地酒「燦然」の菊池酒造さん



 美味しいお酒をありがとうございます^^



        d7-3.jpg




 小一時間、街歩きを楽しんだ後は宿に戻って朝ごはん♪



        d7-4.jpg




 ふわっふわの鰆の塩焼き、湯豆腐、これぞ料亭といった なめらかな茶碗蒸し・・旨しっ^^




 朝から3杯飯いただきましたっ(笑)



       j7-5.jpg




 お世話になったお宿を出発し、向かったのは倉敷・美観地区



        d7-6.jpg




 かつての倉敷は江戸幕府の直轄領「天領」、物資の集積地として とても栄えたまち




 川向こうに見えるのは倉敷紡績、中国銀行、中国電力等の社長を務めたという実業家 大原孫三郎さんの家


       j7-7.jpg




 白壁の蔵が建ち並ぶ小路も絵になります^^




                j7-11.jpg




 倉敷川沿いに江戸の風情ある街並みが・・



                j7-12.jpg





 昔のままの風景を楽しむことができます



        j7-9.jpg



 
 レトロな建物では、繊維の町らしく帆布やデニム商品を置く店も多く



 母ちゃんの買い物中、ふくはお店の前で待ちぼうけ(笑)   

       


        j7-10.jpg




 倉敷の街で歴史ロマンをたっぷり味わって・・帰路へつく



 ・・のですが、このまま帰るのが惜しくなり しぶとく寄り道(笑)



 立ち寄ったのはここ 「ふく姫様の御成り~!!」見えます?



        j7-13.jpg




 そう、世界遺産「姫路城」




                j7-14.jpg



 諸説あるそうですが、「白鷺城」と呼ばれるのは白鷺が飛ぶ姿に似ていたからとも。確かに美しい^^



 熊本城は男性的で勇ましい武士の城と感じたのに対し、姫路城は女性的で優美な殿様・姫様の城といった感じ




 平成21年から5年かけて行われていた天守閣の保存修理が終わり、来る3月末にグランドオープンするそうです




 世界遺産をバックに、遠くに見える猫に気を取られている ふく(笑)



        j7-15.jpg




 予定外に姫路城まで堪能して、楽しかった ふくの九州旅もおしまい



 いつの日かまた行ってみたいと思う、ステキな旅となりました♪







        
 
スポンサーサイト
  1. 2015/01/08(木) 00:06:37|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新春だんなり合宿♪ | ホーム | ふく岩国へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuk29.blog103.fc2.com/tb.php/1065-fed4ac77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)