Go!Lab はな&ふく

熊野古道 八鬼山越え②

 



 *頂いたコメントへの返信が遅れております。



  必ずお返事いたしますので悪しからずご了承下さいませm(__)m 



 



 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  



 



 さてさて、熊野古道 伊勢路の八鬼山越え  



 



           D191



 



 「熊野七坂 七坂越えてもまだ坂つきぬ」



 



 と唄われたように、難所と言われる七曲りを超えても まだまだ坂・・



 



           D192



 



 かつては「坂を一つ越える毎に、ひとつの業から逃れることができる」



 



 と考えられていたそうで、巡礼者は坂を越えることで心が癒されたそうです



 



           D194



 



 前方右に見えるのが蓮華石と烏帽子石



 



 とっても大きな岩で昔は峠越えの目印にしていたようです



 



           D193



 



 さらに進むと西国三十三所第一番札所の前札所「荒神堂」



 



 ここには旅の安全を守護する三宝荒神石像が祀られています



 



 お堂の中にはノートが置かれていて登山者の署名があります



 



 我が家も父ちゃん、母ちゃん、ふくの名前をしっかり記載し旅の安全を祈願



 



           D195



 



 ここで押せる手形スタンプも



 



        D196



 



 山頂まではもうちょっと



 



 残りの坂も頑張ろうね~、ふく、桜ちゃん   



 



 



           D197



 



 お地蔵さんも応援してくれます



 



        D198



 



 もうちょっと、もうちょっと



 



           D199



 



 そして ここが八鬼山越えの最高点、三木峠(八鬼山峠)  



 



 山の頂上だけど樹林に包まれ、見晴らしもききませんが正真正銘、ここが頂上   



 



        D1910



 



 ここから先は江戸道と明治道に分かれます



 



 我々は世界遺産の指定になっている江戸道へ



 



        D1911



 



 江戸道には さくらの森広場があり、ここが絶景!!



 



 この日はホントに天気が良く、志摩半島から那智山まで見渡せました~



 



        D1912



 



 眼下の尾鷲湾をバックに記念撮影



 



        D1913



 



 そしてお楽しみのお弁当タイム



 



 左が熊野薬草弁当、右が熊野石畳弁当



 



 薬草弁当には東紀州の名物、押し寿司、めはり寿司に沢山の薬草を使ったおかず



 



 石畳み弁当は沖キスの蒲焼を熊野の石畳みに見立てています



 



 どちらもとっても美味し~



 



        D1914



 



 ふくにも たっぷりオヤツをあげて、午後の鋭気を養います



 



        D1915



 



 小一時間ほど休憩したら、ここからは下り



 



           D1916



 



 この下りがすごかった~



 



 美しい天然林の坂を下りはじめると、次第に傾斜が増し・・ 



 



 急傾斜なのもさることながら、苔むした石の上に枯葉が積もり滑るんです



 



 写真を撮ってる余裕も無かった・・



 



 



           D1917



 



 十五郎茶屋跡を過ぎると世界遺産への抗議文が・・



 



 この存在は先に知っていたのですが、実際に見るとなんだか悲しかったです



 



 詳しい事情は知りませんが、こんな美しい自然にこんなことをするなんて



 



           D1918



 



 とにもかくにも、無事に名柄一里塚後まで下ってきて、ここからは平地



 



 ふくも よく頑張ったね~



 



 コマンドをよく聞いてくれてありがとね~



 



        D1920



 



 ふくの後ろ右側の木々に隠れているのが八鬼山



 



 こうして下から眺めると、なかなかすごい所を歩いたんだなぁと感動



 



           D1919



 



 しばし猪垣の横を歩き、目の前に開けたのは三木里(みきさと)海岸



 



 ワンコたちを早速放牧



 



        D1921



 



 山を登って下り、人はもうヘロヘロだっていうのに



 



 四駆のワンコたちは 至って元気



 



        D1923



 



 キレイな白浜を駆け回る ふく



 



        D1922



 



 桜ちゃんも穴掘り掘~りをして ごきげんさん



 



        D1924



 



 世界遺産の山に、キレイな海に・・自然を満喫のワンコたち



 



        D1925



 



 海で暫し遊んだ後は三木里のまちを散策して、宿へ



 



           D1926



 



 今回泊まった宿のお話しは また次回・・



 



 



 

スポンサーサイト
  1. 2013/12/19(木) 01:26:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<熊野の海へ | ホーム | 熊野古道 八鬼山越え>>

コメント

No title

本格的な山越えですね。森林が深いなぁ~。
紀伊半島って不思議な空気が漂ってますよね。
那智の滝へ行った時にそう思いました。
残念ながら歩けるようなメンバーではなかったので、
入り口をじーっと見て、引き返した覚えがあります。ww


線路が見えてますが、電車に乗せてもらいましたか?(笑
  1. 2013/12/20(金) 18:16:14 |
  2. URL |
  3. sabmama #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

sabmamaさん、なかなか本格的な山越えでした~
熊野古道の山道は厳かで、時の重みを感じました
今回は熊野三山などには行かず、八鬼山越えだけだったのですが
他の古道も、そしていにしえの巡礼者が目指した霊場も訪れたいと思いました^^
   
  
電車は・・乗せてもらえず(笑)
かわいい2両電車を見送りました~
  1. 2013/12/24(火) 00:13:13 |
  2. URL |
  3. はな姉 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おぉぉぉ、詳細なレポート、すごく参考になります(一緒に歩いたのに・笑)。

今年(12月6・7日)は、紀勢道がほぼ全線開通するので、いよいよ熊野方面へ足をのばそうかと思案しております。
三反帆船の話しもありますが、やはり歩きがいいですねー。
  1. 2014/01/08(水) 12:15:09 |
  2. URL |
  3. ふじけん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ふじけんさん、実は歩いた翌日に熊野古道センターに行って
色々資料を頂き、家に帰ってきてから改めて色々調べました~^^
   
紀勢道が全線できれば ふく地方からもチョチョイのチョイです!
  1. 2014/01/09(木) 01:19:55 |
  2. URL |
  3. はな姉 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuk29.blog103.fc2.com/tb.php/891-37bc39f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)