Go!Lab はな&ふく

東北旅 増田・銀山温泉 街並み探訪

 



 さてさて ふくのGW東北旅4日目



 この日は秋田から山形へ移動



 その道中、道の駅のポスターでステキな街を見つけて寄ってみることに♪



 それが秋田県横手市の増田町



        M151




 増田は昔から岩手と宮城に通じる交通の要衝で



 産業、交通、物流の要として商業が栄えた商人地主町



 そんな商人地主たちが明治から昭和初期にかけて贅を競って建てた蔵が



 街のあちこちに残っています



 こちらは国の登録有形文化財の佐藤又六家住宅。現役のカメラ屋さんです



             M152




 旧石田理吉家。昭和12年には珍しい木造3階建てで建築には1年数か月かかったとか



             M153




 元豪商小泉家の内蔵。中は見事な漆塗りだそうです



 増田町は昨年、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されたそうで^^



        M154




 そして、この街に降りたって気付いたことが・・



 そう、ここ増田町は父ちゃん幼少の頃からのバイブル「釣りキチ三平」の作者、



 矢口高雄さんの出身地!! 街の下水道の蓋にも釣りキチ三平が描かれております^^



        M155




 父ちゃん慌ててググったところ、漫画の舞台もここ増田町だと言われているそうで



 偶然にも憧れの釣りキチ三平の出身地に来れた父ちゃん、珍しく大興奮!!


 
 

 せかっくだからと三平少年がよく釣りをしたという成瀬川上流を目指しました~



        M156




 が・・残念ながら前夜の雨で川は増水、濁流



 釣りはできなかったのですが、憧れの地に足を踏み入れただけで満足だそうで・・^^



 興奮冷めやらぬまま、向かったのは稲庭町・・稲庭といえば「稲庭うどん」!!



 創業153年の老舗、佐藤養助商店総本店で超早いランチ(笑)



 ツルツルでピッカピカの稲庭うどんと、サックサクの天ぷら~美味しゅうございました♪
 
 



        M157




 そして、近くの渓流に釣り糸を垂らしながら、父ちゃんは三平少年への想いをはせ・・



        M158




 そんな父ちゃんに ふくは想いをよせ・・(笑)



        M159




 次に向かったのは山形の銀山温泉♪



 郷愁漂うノスタルジックな街並み



            M1510




 大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が



 銀山川の両岸に沿って軒を並べ、昔ながらの独特な景観を見ることができます



        M1511




 ホントはガス燈にあかりが灯る銀山温泉の夜の街並みを見たかったのですが


 

 昼間でも幻想的な雰囲気を充分に味わえました~♪



             M1512



 この滝の上には銀山温泉の名前の由来ともなった延沢銀山の坑洞もあるそうです



        M1513


   

 情緒あふれる街並みを楽しんだ後は、さらに車を走らせ今宵の宿へ・・




 そう、4泊5日のうち唯一、車中泊でない宿泊(笑)
 
 



        M1514


 この続きはまた次回・・













 

スポンサーサイト
  1. 2014/05/15(木) 00:22:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東北旅 山形蔵王 | ホーム | 東北旅 安比・盛岡・角館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuk29.blog103.fc2.com/tb.php/976-d489b170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)